Okonomitalia's Blog

The only certainty is change

時間のコンセプトを持たないこと June 11, 2011

皆さんの一日はまず目覚まし時計を見て始まります。目覚まし時計があるから目が覚めます。私たちはどこにいるのか何をしなければなりませんのかそいうことを時計はいつも思い出さしてもらいます。私たちはやっていることに関しては時計を見るとなんとなく手ごたえがある感じです。しかし、アマゾーンに住んでいるアモンダワ族は時間の抽象的なコンセプトを持っていません。
私たちは時間と空間の動きの表現を普段に使いますがアモンダワ族の言語でそれがありません。アモンダワ族にはインタビューや調査やテストをさせた結果によるとある研究者は始めて時空のコンセプトの表現はない言語を発見しました。時計もカレンダーも使いません。季節と太陽を使って時間を計ります。結局は、アモンダワ族の生活は時や分や秒の時間から取り締まられていません。そうすると厳しい期限はなく当日の間にやらなければやらないことをやって多くとも翌日しか先送りできません。私たちにとっては時計もカレンダーもない生活を考えられません。自分の日常生活にやることもうできなくなるかもしれません。逆に、アモンダワ族はポルトガル語の時間の表現を簡単に使うことができるけれど彼らのライフスタイルには変りはありません。たぶん彼らの会話には新しい言葉として面白いかもしれません。

Advertisements
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s