Okonomitalia's Blog

The only certainty is change

夢を見ているかしら起きているかしら November 7, 2010

人生の三分の一の寝る状態で過ごします。だが、もし私たちの夢が事実であればどうなりますか。もし夢は”ただの夢だから”と言って良心と物質的な現実の間違いであればどうなりますか。私たちの頭がいろんな考えを片つける過程はあたりまえだと思っています。いろんな経験をして頭のなかでたくさんの情報が巻き込まれます。夢を見ているときも起きているときも私たちの頭は3Dの感覚も経験ができます。起きたら夢が終わるからこそう夢は事実でないと思っています。寝ている状態の脳の活動として考えられています。しかし、外部世界があることを決め込んで私たちの立場に関係ない存在だと思っています。結局は夢は現実とぜんぜん違うことだと思っています。だが、起きていることも夢を見ていることも同じ生物物理学の過程から来たした経験です。表面的な現実は違いますが考えることも感じることも事実です。で、現実はオブサーバーの知覚にとって見られていますので夢と現実の間にある線も同じだと思います。
その結果、私は存在することが”コギト-エルゴ-スム”(我思う、ゆえに我あり)としたら。。。

Advertisements
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s